FC2ブログ
挨拶状【あいさつじょう】大すきヤマちゃん
挨拶状・はがき・お便りについてのお話 印刷営業での日々起こった出来事をなんとなくお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう今年になって2ヶ月が終わろうとしています。

3月は異動の時期で新しい場所に行かれる方もいらっしゃるとはおもいますが、

その時には、お世話になった方に挨拶状をだしてみてはいかがでしょうか。

なかなか出す機会がないとは思いますが、ぜひだしてみましょう。

そんな時には挨拶状PROにお任せください。


挨拶状をだすなら
スポンサーサイト


季語のお話
今日はもう少しで3月ですので、3月に出される時のの季語のお話をさせていただきす。

3月は暦の上では春の終わりに当たります。

実際には、春の始まりとなりますが、初旬はまだまだ寒さが残るため早春という表現になったり、下旬には一気に春めき葉の色も青さを増してきます。

また、3月は桃の節句と同時に卒業など別れの季節でもありますので、ケースによって季節感を表すのもよいでしょう。

季語の一例
早春の候  
春まだ浅く
春寒しだいに緩み
寒暖の定まらぬ毎日
桃の蕾もふくらみ



季語
春が近づいてきております。

春といえば新入社員や異動の時期ですね。

挨拶状はおすみでしょうか。

そんな時にはぜひ挨拶状PROにおまかせ。

今回はちょっとした季語のご説明をかいております。

季語とは
俳句の中で、その季節を表わす言葉として用いられるもので、俳句を作る際には、必ず用いられます。  季題とも呼ばれることもあります。
 
季語は1つの俳句に1つだけで、2つ以上用いることを、季語を重ねる、季重ね、季語重ねなどと言います。

季語を用いない俳句のことを、無季俳句と呼びます。また、川柳のように、世相を風刺的に表わしたり批評したりするものには、季語は不要とされています。

連歌や俳諧でも季の詞(きのことば)、四季の詞という形で用いられることばがあります。

※手紙の冒頭に用いられる季節の言葉は「時候の挨拶」と言い、季語とは区別 されます。時候の挨拶は下記のサイトの季語一覧を見てくださいね。




挨拶状PRO


オスカー受賞
すごいですね。

日本映画オスカーW受賞

暗い話ばっかりでしたから明るい話で、テレビでもとっても取り上げられてましたね。

もっともっと明るい話題が増えることを願います。





Copyright © 挨拶状【あいさつじょう】大すきヤマちゃん. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。